ThinkPad T42にVine Linuxをインストール

Windows XPとデュアルブートに挑戦しました

今まではMacユーザーだったのです が、以下の理由からちょうど占有することができるようになったThinkPadにLinuxを入れてデュアルブートにチャレンジしてみました。
1.最近はもっぱらLinuxばかり使用している
2.Mac OS 9以後のMac OSをほとんど使っていない
3.AppleがIntel CPUを採用が決定しこれ以上割高なApple製のハードを購入し続けるメリットが無くなる

手順
●リカバリー用のシステムディスクの作成
これは購入しても良いのですが、T42では付属のツールで作成できます。1枚目は起動用、2枚目以降はデータになります。1枚目はCD-Rで良いのですが 2枚目のデータは4G程有りますのでDVD-R1枚にぎりぎり納まるぐらいです。全部CD-Rで作るとかなりの枚数になり途中で止めました。
ちなみにこのリカバリーディスクはハードディスクの隠し領域に有るリカバリー領域をリカバリーするものです。動作確認のためリカバリーを実施してみました が、終了するまでT42でも2時間以上かかりました。噂のとおりXPをインストールしてパッチを当てて、各種ソフトをインストールして、何回も再起動を繰 り返していました。

●XPのデフラグ
ThinkPad T42はリカバリーが終わった段階で相当断片化しています。そのためセーフモードで立ち上げてデフラグします。1回行っただけでは不十分で2-3回繰り返 します。それでも完全にはできないようです。

●knoppixでパーティションを切る
次に1CD Linuxのknoppixを立ち上げてQtpartedでWindows XPの領域を切り詰めてリカバリー領域との間にlinuxとswap領域を作成します。場合によってはFAT32の領域を作成し XPとLinuxのデータの引渡し領域を作っても良いのですがUSBメモリーなどが有るので今回は見送りました。
リカバリーディスクを作成すればリカバリー領域は不要になるかも知れませんが、WINマシンは初心者なのでとっておくことにしました。
XPはHDを5Gほどしか使用していないのにNTFSを10G以下に縮小できませんでした。十分にデフラグしたのですがそれ以外の要因かも知れません。
2004年以降のQtpartedであればNTFSを扱えるようですがそれ以前のものだとだめかもしれません。

●XPを再起動
起動するとディスクのスキャンが始まります。

●Vine Linuxのインストール
Vine LinuxのCDを挿入し再起動。今回は3.1をインストールしました。
インストールはグラフィカルで普通にできました。

●Vine Linuxのインストール、ブートローダーの選択
ブートローダーは最終的にはNT-loaderを使用するのでLiloはMBRにはインストールせずに、Linuxの入っているパーティションにインス トールしました。

●ブートローダーの設定、root直下がポイント
CDを抜いて再起動するとXPが起動します。もしここでLinuxが起動する場合はLiloのインストールを誤ったことになります。ネットからbootpartをXP の「root直下」にインストールし、NT-loaderでOSの選 択ができるようにします。使い方はこ ちらが参考になりました。
簡単に説明すると、
  1. ディスクの使用状況を表示し、Linuxの入っているパーティションを調べる
  2. ブートセクターファイルを作成し、メニューに追加する
と、これだけです。非常に簡単でした。

以上でThinkPad T42にVine LinuxをインストールしXPとデュアルブートにすることができました。
はっきり言ってMacでLinuxとデュアルブートするよりも簡単かも知れません。
今後の予定としてはXPにcoLinuxや、箪笥の肥やしになっているホームページビルダーをインストールしてこのホームページを作り替えることができれ ばと考えています。
ソフトのインストールと調整、データの以降が済み次第ThinkPadがメインマシンになる予定ですし、マックで使用していたソフトはほとんどが BasiliskIIで動くはずです。

設定等の追加です
●liloのオプションは
vga=0x31A
append="video=atyfb:mode:1280x1024,resume2=swap:/dev/hda*"

わたしのマシンは1400*1050の解像度ですが、これでコンソール画面もきれいに見えます。

●xorg.confです。
とりあえずこれでトラックポインタ、トラックパッドもうまく動作していますし、ログを見てもエラーはなさそうです。
# X.Org X11R6.7.0 configuration generated by Xconfigurator 4.92

Section "ServerLayout"
        Identifier "XOrg Configured"
        Screen      0  "Screen0" 0 0
        InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
        InputDevice    "PS/2 Mouse" "SendCoreEvents"
        # Serial Mouse not detected
        InputDevice    "USB Mouse" "CorePointer"
EndSection

Section "ServerFlags"
        Option "AllowMouseOpenFail"  "true"
EndSection

Section "Files"
        RgbPath      "/usr/X11R6/lib/X11/rgb"
        ModulePath   "/usr/X11R6/lib/modules"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc:unscaled"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi:unscaled"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Speedo"
        FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Type1"
        FontPath     "unix/:7100"

                                                                               
        #FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType"
        #FontPath "unix/:7100"
        #FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese"
        #FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc"
        #FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi"
EndSection

# Module loading section

Section "Module"
        Load  "dbe"             # Double-buffering
        Load  "GLcore"          # OpenGL support
        Load  "dri"             # Direct rendering infrastructure
        Load  "glx"             # OpenGL X protocol interface
        Load  "extmod"          # Misc. required extensions
        Load  "v4l"             # Video4Linux
        # Load  "record"        # X event recorder
        # Load  "xtt"    # TrueType font handler
        Load  "type1"           # Adobe Type 1 font handler
        Load  "freetype"         # TrueType font handler
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier  "Keyboard0"
        Driver      "keyboard"
        Option      "CoreKeyboard"
        Option      "Xkbdisable"
        Option      "XkbLayout" "jp"
        Option      "XkbModel"  "jp106"
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier  "PS/2 Mouse"
        Driver      "mouse"
        Option      "Protocol" "auto"
        Option          "ZAxisMapping"          "4 5"
        Option      "Device" "/dev/psaux"
        Option      "Emulate3Buttons" "true"
        Option      "Emulate3Timeout" "70"
        Option      "SendCoreEvents"  "true"
EndSection

Section "InputDevice"
        Identifier      "USB Mouse"
        Driver          "mouse"
        Option          "Device"                "/dev/input/mice"
        Option          "SendCoreEvents"        "true"
        Option          "Protocol"              "IMPS/2"
        Option          "ZAxisMapping"          "4 5"
        Option          "Buttons"               "5"
EndSection
                                                                                                               
Section "Monitor"
        Identifier "LCD Panel 1400x1050"
        VendorName "Unknown"
        ModelName  "Unknown"
        HorizSync 31.5-90
        VertRefresh 59-75
        Option "dpms"
EndSection

Section "Device"
        Identifier "ATI|Radeon Mobility M7 LW [Radeon Mobili"
        Driver "radeon"
        BoardName "Unknown"
EndSection

Section "Device"
        Identifier "Linux Frame Buffer"
        Driver "fbdev"
        BoardName "Unknown"
EndSection

Section "Screen"
        Identifier "Screen0"
        Device "ATI|Radeon Mobility M7 LW [Radeon Mobili"
        Monitor "LCD Panel 1400x1050"
        DefaultDepth 16
        Subsection "Display"
                Depth 16
                Modes "1400x1050"
        EndSubSection
EndSection

Section "DRI"
        Mode 0666
EndSection


●電源を切るための呪文
インストール直後ではshutdown -h now で電源が切れず、パワーボタンの長押しが必要です。
電源を切るスクリプトを少し変更すればうまくshutdownできるようになります。
/etc/init.d/halt を以下のように変更

# See how we were called.
case "$0" in
  *halt)
        message=$"Halting system..."
        command="halt -p"
        ;;
  *reboot)





戻る
コメント・訂正がありましたらc-yun@kids-clinic.jpま で